最近のパソコンは初心者でも操作しやすいように工夫されていますが、それがかえってパソコンを分かりづらくしています。仕事で使うには結局、専門的な知識が必要になるので、パソコンを使う上で知っておいた方が良いことを、なるべく分かりやすく解説します。
トップページ > インターネットの基礎 > インターネットって何?

インターネットって何?

さて、ここからはインターネットについて解説していきますが、いきなりこのページに来てしまった人は、先に「パソコンの仕組み」と「パソコンの基礎」と「Windowsの基礎」のページを読んで下さいね。

パソコンは42億通りの電気信号を記録した「ファイル」によって、いろいろなことができるということは、今までに述べてきた通りですが、別のパソコンへファイルをコピーしたい時、USBメモリなどの取り外しが容易な記録装置を使う方法もありますが、パソコン同士を何らかの線で結んで、直接コピーするということもできます。

net1.jpg

上図のようにパソコン同士を線で結んで、お互いに通信できるようにした状態を「ネットワーク」といいます。上図では2台だけですが、世界中のパソコンが通信し合う地球規模のネットワークに参加することを「インターネット」と言います。たまに「趣味はインターネットです」という言い方をする人がいますが、インターネットという言葉の意味は「世界中のパソコンとファイルのやり取りができるようになった状態」の意味であり、すごい事でも何でもありません。もし自慢したい時は「ホームページを見ています」「電子メールをやり取りしています」のように、具体的に言うようにしましょう。