最近のパソコンは初心者でも操作しやすいように工夫されていますが、それがかえってパソコンを分かりづらくしています。仕事で使うには結局、専門的な知識が必要になるので、パソコンを使う上で知っておいた方が良いことを、なるべく分かりやすく解説します。

パソコンの基礎

32個のスイッチで42億通りの命令


s4.jpg


ジャーン! 32個 です。多いですね。

そしてスイッチが32個あると、何通りのスイッチの入れ方があるのかというと、約42億通り もあります。つまり、パソコンは42億通りの電気の流し方をすることができるわけです。そしてパソコンに繋がっている各部品に、42億通りの命令を出せるのです。

いちいちスイッチがON、スイッチがOFF…とかって書いていくと大変なので、「0」と「1」の数字を使って、スイッチがOFFの時を「0」、スイッチがONの時を「1」で表すと、

 00000000000000000000000000000000
 00000000000000000000000000000001
 00000000000000000000000000000010
 00000000000000000000000000000011
   ・
   ・
   ・
 11111111111111111111111111111110
 11111111111111111111111111111111


となります。おお、なんだかコンピューターっぽいですね!? 数字を見ると頭が痛くなる人もいると思うので「A」と「B」に変えて書きますと

 AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
 AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAB
 AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAABA
 AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAABB
   ・
   ・
   ・ 
 BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBA
 BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB



となります。要するにスイッチが32個あれば、スイッチを入切する組み合わせは、全部で42億通りあるわけです。
次のページ ≫ 1 2 3 4 5